menu

茶畑のイメージ写真

お茶づくり

tea industry

uji-cha

宇治茶の名産地・和束町

鎌倉時代より京都・宇治茶
の産地として歴史ある
和束町で、様々なお茶を
栽培しています。

大きな川と豊かな森林がある和束町は、お茶作りに最適な気候と土壌に恵まれています。霧が立ちやすく、その霧が優しく茶葉を包み、お茶の旨味を引き出します。上嶋産業は、1200年の鎌倉時代に植えられた宇治茶の味を、現代に伝え続けています。

和束町の茶畑の写真
和風飾りイラスト

harvest

収穫について
お茶を機械で収穫する写真

一番茶、二番茶、秋番茶等
季節ごとに味わい深い
宇治茶を収穫しています。

上嶋産業のお茶は、5月の一番茶、一番茶を収穫したところが芽が出てくる6月の2番茶、7月には伸びた葉とその下の枝を、さらに10月、11月には秋番茶など、季節ごとにお茶の成長に合わせて様々な種類を収穫しています。それぞれに味わい深く、人気のある宇治茶として多くの人に愛されています。

和風飾りイラスト

tencha

銘茶・碾茶

煎茶・碾茶てんちゃなどを生産。
宇治茶の名産地・和束町の
名に恥じない品質を
追求しています。

上嶋産業では、京都の宇治茶の名産地・和束町の名に恥じない品質を日々追求し続けています。その努力も甲斐もあり、お茶の種類の一つ碾茶は、毎年出品している和束町の品評会で高く評価されることもあります。

茶畑の写真
会社情報company